Baudrons // オウサマの耳はロバの耳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

奇遇

音楽教室でベースレッスンを待ち、
ある会話に反射的に耳を尖らせた。

練習室のガラス越しに
おじさんとおばさん(おそらく学生の親…羨ましい)は
ドラム先生を見つめながら話し合ってた。
「あの先生、日本人なんですって。」
「中国語話せるかな?」
「普通な会話は大丈夫らしい。専門用語は英語で喋るけどね…」

ほぉ。この音楽教室に日本人先生がいるなんて…初耳(爆)
ここで練習する外国人バンドはかなりいるって知ってるけど、
日本人先生までいるのか。すげぇ。

暫く経ってベースレッスンに入って、
ボロベースを先生に見せる間、
例の日本人先生がチェロを運んで教室に入った。
そして謎の演奏を開始(爆)
チェロがだんだん野良猫に迫ってきて、
すごいプレッシャー。
チェロに潰されたら怖いと勝手に思い込んだ野良猫は、
思わず日本語で「こわーい」って連発。
すると彼は演奏を止め、
驚きと喜びを混ぜたような表情を見せた。
チェロを教室に取り置いた後、
「お疲れ」って彼に言った。
日本人先生はかなり喜んでいるようで、
「じゃね」って返事してくれた。


超短い会話で気分が妙にハイになった馬鹿二人(爆)

今度会ったら話しかけてみるかな。
日本語しゃべるの久しぶりだし(笑)

スポンサーサイト
    00:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

みゅう

  • Author:みゅう
  • 大阪を愛する台湾人。
    現在東京にて奮闘中。

    天然ボケ。睡眠、美食、旅行大好き。
    特技は幽体離脱。
    生産性のあることは殆どできない。
    かなりの食いしん坊。
    好きな食べ物を見た瞬間目が光る。
    好きな人を苛める。嫌な人も苛める。
    小学生ではありません。
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。