Baudrons // オウサマの耳はロバの耳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ウォッキング

昨夜メッセで仕事の同僚のC子に呼ばれた。 「あのう…明日新しい家を探したいけど、付き合ってくれる?」 C子はうちの会社の新しい企画。 台中出身の方で、初めて実家離れて台北に就職した。 先日家でゴキブリやクモに襲われまくり、よく眠れなくて、 精神不安定になって引越しを決めた。 どうせ暇だし、女独りで心細いかな。 あっさりと「いいよ」って返事した。 朝は大家さんはまだ寝てるかもって思って、 昼先にご飯食べて出撃することを決めた。 貸し家情報はあまりネットに載ってないから、 掲示板みたいなやつで探していく作戦。 貸し家情報のある掲示板は私の住んでいる近所に二つある。 その中の一つは隣の鍵屋さんに支配され、 鍵屋さんが営業しないと見れない。 時間が早いせいか、見れなかった。 とりあえずもう一つの掲示板を見に行った。 気に入りのやつを探し出し、大家さんに連絡して下見。 約束の所に着いたら、家は歯医者さんの上にあるらしい。 「歯医者さんは割引してあげるだろう。近所さんだしぃ」 「ゴキブリが出たら歯医者さんに片付けてもらおう」 「サービスだから一気に歯二本抜いてやるかも」 ってとんでもない発想が湧いてきたり…馬鹿(ぁ) 大家さんがやってきて、案内してくれた。 家は4階にある。長い階段を見て唖然。 目測してこれはおそらく60度もあるだろう。 しかも側に欄干はない。 高所恐怖症の私はどうすんねん(爆死) でも一緒に見ないと駄目だから、 恐れ恐れ階段に登る。オーマイ。 変な匂いが漂ってるボロ家。なんとなく気分がよくない。 C子とゴキブリが出ると判定。アウト。 バイク乗って近所の学校に移動。 貸し家情報の掲示板があるかなと思いきや、なかった。 3年前まだあったのに(オイ) 近所にあるのに歩いたことのない道を歩いてる間、でっかい雫が降り出した。 それで身動きができなくなって、喫茶店でくつろぐことにした。 魚を飼ってる喫茶店だった。水槽の側のソファを選んだ。 魚の動きをじーっ見つめながらコーヒーを飲んでた。 動物行為(人間も含めて)を観察することがめちゃくちゃ好きである。 何を考えてこの行動をとったのか、っていろいろ推測。 いや、推測というより妄想かな(笑) 結構楽しい(バカバカシイ?)一時を過ごした。 そんな感じで暫く休んでまた出撃。 近くの公園で掲示板で情報を探す。 大家さんに電話。 「何があるの?」って聞いたら、 「知らない」「あとで教える」って曖昧な返事ばっかり。 「ではあとで連絡しますね」って言ったら電話が切れた。 なんでこったい。 仕方なく鍵屋さんとこに戻って、 ありがたく鍵屋さんはやっと営業し始めた。よかったよかった。 早速理想の件をいくつも探し出した。 大家さんに連絡を取れたらすぐ行くC子。 全部電話して進行路線を決めていいじゃんって聞いてみたら、 これで電話代が少なくなるだろうって言った。 まあそれもそうだろうな… とりあえず行ってみよう。 目的地に着いたら再び唖然。 なんでまた4階だろう。しかも70度の無欄干階段。 うっかりするとゴロゴロになりそう。めちゃくちゃアブナイ。 さっきの家とは関係企業なのか?(爆死) なんか今日山登りしてるような気がする。 「運動しろよ」って囁くような階段。ヤカマシイ… 私だったら絶対この家は嫌。 要するに本当に引越ししたら荷物運びは難しい。 一回だけで腰が折れちゃうだろう。 C子も空っぽ状態になって諦めたい。 幸いに家の状態も芳しくないからあっさりと離れた。 (こんなことで喜ぶのはいいのか…) 前後合計16階も登ったC子はもう台北に絶望したらしい。 「折角ここまで行ったから、さっき書いた電話を全部かけてみて」って薦めた。 やっとその中の一人と連絡を取り、 目的地に向かった。なんと私の家に結構近い。 外から家を覗きながら大家さんを待つ。 暫く経つと一人の男がバイクでやってきて、 私たちと目が合ったけど、そのまんま前に行った。 この人じゃないかな。 私もう疲れてバカぶり発揮。 さっきの男のまねをしてみたり。バイクでブンブン~~ また暫く経つとなんとさっきの男が戻った。 バイクを家の前に止めて、 「家を探すのは君たちですか?」って聞いた。 …大家さんだっ(爆死) さっきのマネは目に入らなかったかな(ボソッ) ドアを開けるとびっくりした。 ホテルみたいな内装で、めちゃくちゃ綺麗。 部屋も広いし、バスルームも清潔。住みやすい環境。 この大家さんはかなり拘りのある人らしい。 細部まで結構詳しく話してた。 「環境をキレイに」 「靴を棚に入れないと捨てる」 って普通に考えないルールとかいろいろ。 まあ生活の規律正しい人だったら難もなく受け入れるだろう。 C子はちょっと受け入れられないらしい。 何せこの大家さんいちいち煩いから。実は私もそう思う(爆死) でもなんか。この大家さんは大丈夫って直感した。 C子に安心させるため、 私からいろいろ大家さんに質問して、かなり丁寧な答えが返してくれた。 まあ信頼できる人だろう。煩いことを置いといて…(ぁ) その後C子と相談して、 「ちょっと高いし、大家さんも几帳面だけどここにしよう」って半年の契約を結んで一件落着。 これで落ち着けるといいね。 おかげで今日は近所にあるのに行ったことない所いろいろ見た。 いい散歩だったよ。足が棒になったけど(笑) 理想に近付けるために頑張らなきゃね…
    23:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://baudrons.blog16.fc2.com/tb.php/262-c21c6255
プロフィール

みゅう

  • Author:みゅう
  • 大阪を愛する台湾人。
    現在東京にて奮闘中。

    天然ボケ。睡眠、美食、旅行大好き。
    特技は幽体離脱。
    生産性のあることは殆どできない。
    かなりの食いしん坊。
    好きな食べ物を見た瞬間目が光る。
    好きな人を苛める。嫌な人も苛める。
    小学生ではありません。
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。