Baudrons // オウサマの耳はロバの耳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

読書。

学校から卒業してからあまり本を読まなくなった。 学生時代は「本を読め」というスパルタ教育を受けまくったため、 本を拒絶するようになって、 授業以外の時間はめちゃくちゃ興味のある本でないと手を伸ばさない。 私の好きなタイプの本は、 1.イラスト&写真が多い 2.面白い 3.余計なものはなく、一発で心のツボを押すもの。 かなりシツコイ。 とりあえず分かりやすい本が好き。 この三つのポイントに合うのは、漫画である。 一時期漫画に夢中して、 「漫画を読まないと生きられない」まで思ってた。 小説とかは滅多に読まない。 中学時期恋愛小説が流行ってて、 女の子のカバンには必ず一冊入るぐらい。 (男の子は当然のようにH本だった(爆死)) でも小説はみんな論文みたいな長さになってるから、 私の一番嫌なタイプだ。 それよりエッセイの方が断然いい。 台湾作家の蒅君の作品はよく読んでいた。 彼女はおばあちゃんであるためなのか、 暖かくて優雅な文字で綴られる文章が彼女の特色。 でも分かりやすく書いてた。 殆どの作家は文章力のレベルを高く見せるため、 いろんな難しい言葉を入れるけど、 彼女は無造作に自分の思いをそのまんますらすら書いてるみたい。 かなり読みやすい。 一番に気に入ったのは彼女の幼い頃の思い話。 私にはない時期の物事がたくさんいるから、 いつも興味深く読んでいる。 イラストとか写真とか視覚に刺激するものはないけど、 文字だけで感動させる力は凄い。 あと台湾作家の張妙如&徐致怡の交換日記シリーズ。 日常生活、旅、価値観などなど、 イラストと文字をうまく調和して語っていた。 読んでゲラゲラしたこともあれば、涙がポタポタ落ちたこともある。 その影響で専門学校時代友達と似たような形式で交換日記やったことある。 二人とも三日坊主であっという間に終わったが(笑) 今は8巻まで出ていたらしいで、これからも買っていく予定。 高木直子の作品はこの頃台湾進出して大人気だそうだけど、 「大人気だから買っちゃう」なんて思わないから見送った。 ある日同僚は彼女の「上京はしたけれど」を会社まで持ってきて、 「朱さんも読んでみ?」って貸してくれた。 彼女は東京の豪華な生活に憧れて、 一人前のイラストレーターになろうと決心して田舎から東京進出。 しかし夢と現実は全然違うと痛感した物語。 張妙如&徐致怡と比べて彼女の方はもっとマンガに近いから、 深く考えず2時間弱く読破。 「この人、朱さんみたいなぁ。本を読んで朱さんはこんなこと遭ってたんだろうと思ってた」って言われた。 あぁ、勝手に妄想されたね(笑) 確かに部分的に合っているかもしれないけど、 私の上京生活は彼女みたいに波瀾万丈じゃなくて、 生計のために本業以外の仕事をやりまくって本業を放置してしまったことはない。 ひょっとしたら私は彼女より順調かもしれない。 偶には本業を離れて違う分野の仕事もやってみたいけどね(笑) 彼女との共通性に引かれたらしく、 私も本屋さん行ってもう二冊の作品「ひとりぐらしも5年め」、「150cmライフ」を購入した。 読み終わったら感想を書こう。いや期待しないで下さいな(爆)
    19:57 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top
Comment
2005.07.03 Sun 23:19  |  tamama #79D/WHSg
こんにちは、タマちゃんです。。
台湾には梅雨はありますか?
本はよく読みますよ、、、頭が痛くなるぐらい・・・
もちろん絵、イラストとかないん本ですよ、、
自分で、本の内容は図にしますけど、、そうしないと理解できないの・・ホ~イ
Blogのタイトルがサカナなのはナゼ、お魚好きなの・
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://baudrons.blog16.fc2.com/tb.php/273-2f6e3b71
プロフィール

みゅう

  • Author:みゅう
  • 大阪を愛する台湾人。
    現在東京にて奮闘中。

    天然ボケ。睡眠、美食、旅行大好き。
    特技は幽体離脱。
    生産性のあることは殆どできない。
    かなりの食いしん坊。
    好きな食べ物を見た瞬間目が光る。
    好きな人を苛める。嫌な人も苛める。
    小学生ではありません。
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。